オフィスの拡張工事をサクッと解説!

業者選びは慎重に

拡張工事が決まったら、ホームページで業者の選定をしましょう。
場所や施工例、問い合わせ先などを確認してください。
疑問点があったら、電話で問い合わせをすることをおすすめします。
忙しいからメールで済ませたいと思われるかもしれませんが、電話は言葉遣いや口調などからその業者の雰囲気がある程度つかめます。

電話で横柄な態度を取る、あるいはあなたの質問に対して曖昧な回答しかできないような業者は要注意です。
また、こちらの要望を聞こうとしないで、工事を急がせるよう名業者も外した方が良いでしょう。

気に入った業者を2つか3つ絞り込んだら見積もりを頼みましょう。
相見積もりを取ることで、「あちらの業者はもっと安くしてくれるそうだよ」などと、値下げ交渉の手段に使うこともできます。

希望は明確に伝えよう

見積もりをお願いする際には、こちらの予算や完成希望時期を伝えることは大切ですが、それ以上にどこをどのように拡張したいのかと言うことをはっきりと伝えることが非常に重要となります。
そして、工事箇所を決める際に意識していただきたいのが、「何のために工事するのか」という目的です。
例えば、業務の効率アップのためと社員のコミュニケーションアップのためでは、工事する箇所が全く違ってくるでしょう。
パーテーションを一枚つけただけで、あるいは取り外しただけでオフィスの雰囲気はガラッと変わるもの。
工事の目的をはっきりと業者に伝えておかないと、工事が始まってから予期せぬトラブルに見舞われる恐れがあります。
お金をかけて拡張するのですから、失敗は許されません。
工事を開始してもらう前に、業者とは綿密に打ち合わせをし、お互いのイメージに食い違いのないようにしておきましょう。